top of page

LOTUS ロータス ヨーロッパS タイミングベルト交換 #grab cars

こんばんは、グラブカーズです☆

今回はLOTUS ロータス ヨーロッパS タイミングベルト交換にて入庫です。

こんなレアな車を信用して預けて頂きありがとうございます♪


早速作業していきます、リフトアップするところから、んっ?ってなります。


このアンダーカバーを取り外してからリフトポイントが出てくるのですが、、普通のリフト土台だと厳しいですね。



エンジンはGM オペル製のZ20LER

オペルエンジンの特殊工具はあるので、それを使用してベルトを取り外ししていきます☆

今回交換して良かったです、ベルトですがなかなか年季が入ってますね。

組み付けは逆手順で組み付け張り調整をして完了です!

今回、作業をお待ち頂いてる期間中にブレーキペダルが底付きしてしまう症状が。。

いろいろ診断したのですが、マスターシリンダが怪しいですね。

部品また本国オーダーかなぁ?と思ってたのですが、オーナー様、それを見抜いてたのか事前にマスターシリンダーを手配してくださっていてすぐ作業にとりかかれました☆

やはりこのような車を所有する方は車好きでよくご存知ですね〜♪  流石です☆

作業していきます。


ここまで外してようやくマスターシリンダーを交換できます。

ここだけ見るとこの車なに⁇って感じです。

なんか、カッコいい☆

交換後は圧送機を使用してエア抜きをします。


交換後は底付きも無くなり安心して乗れる状態に☆

今回は色々と勉強になりました、ご依頼頂きありがとうございます♪

Commentaires


bottom of page