メガーヌ RS エンジン F4R 焼付 修理      grab cars


こんにちは、グラブカーズです‼️

今回はルノー メガーヌRS エンジン不動にてご入庫です。

エンジンが焼付いてしまってる状態なので、今回は中古エンジンに交換になりました。

早速取り外していきます。


前廻りをゴッソり外してエンジン取外し完了☆

取り外したエンジンも中古のエンジンも型式F4A、、、車検証F4R⁉

ん⁇と思いつつ作業を進めていきます❗️

中古のエンジンのシール関係を交換します。



タペットカバーを取外します。


カバーと言っていいのか、カムシャフトの固定もカバーでしてます‼︎

ホルダーカバーですね☆

一通り完了したらタイミングベルトを取り付けます‼



クランクとカムの位置決めはSST(特殊工具)を使って行います‼︎

エンジンの方ができたらせっかくエンジン降ろしたのでついでにクラッチも交換します。


清掃、グリスアップをしっかりと行い完了☆


さてと、エンジン乗っけていきましょう‼︎


逆手順にて組み付け☆

取り外しの時に気づいたコンデンサーからのエアコンガス漏れ‼︎

今回、コンデンサーも交換する事になったので交換。


組み付け完了しエンジン始動‼️


ドキドキしますね。。

エンジン始動しテスターにてチェック❗️

チェック完了後は試乗へ。

いい感じです☆

その後試乗を繰り返してオイル漏れなどのチェックします。

この時が1番ドキドキするかも。。


完了です‼️


今回も勉強になりました、ありがとうございます♪