アストンマーティン DB9 コンバーチブル ルーフ オープンしない 故障 修理 grab cars

更新日:2019年2月9日


おはようございます、グラブカーズです‼︎

今回の車はアストンマーティンDB9

電動ルーフが作動しない為、修理入庫です‼︎

診断は何で作動しないかの原因を見つけるだけなのですが…構造や制御方法は各メーカーバラバラ、同じメーカーでも車種で変わったりなのでその度に診断材料を集めたり構造を勉強し原因に近づいていきます。

このアストンはチェックランプもなく開閉操作でメインの油圧シリンダは作動しようとしてます、が何かで止められてる感じですね。

とりあえずコントロールユニットを探します‼︎


ありました‼️

左リヤタイヤのホイールハウス(インナーフェンダー)を外しカバーを外したらでてきました☆

各信号をチェックしていきましょう。

何種類かあるシリンダーに伸び側、縮み側それぞれセンサーが付いてます、その他にもマイクロスイッチがあるのでチェックしていきます。

とりあえずルーフが開かない事には話にならないので強制解除☆


色々とバラして〜



開きました‼︎‼︎

原因はトノリッドが開かないからその先の動作に取りかかれない感じですね。

でも何でトノリッドが開かないか‥‥…この感じで最終原因まで診断していきます。

今回は右側のラッチが最終原因。

すぐに交換したいのですが、ラッチは本国オーダーで納期が約1ヶ月💦

また交換後ブログアップしますー‼️