ベンツ s550 w221 オイル漏れ修理 ハンドル操作時異音 エンジン振動 大 ウォッシャー液不足警告 grab cars

更新日:2019年3月21日



こんばんは、グラブカーズです。

今回はメルセデスベンツ s550 w221 です‼️

作業内容はいっぱいありますので1つ1つ紹介していきます。

まずはエンジンオイル漏れ修理

と言っても1箇所からではないですね💦


エンジンの前廻りから

メインで漏れてるのはオイルフィルターベースのパッキンとオイルクーラー取付部のパッキンからです。


バラして綺麗に清掃します、オイル漏れ修理で一番時間がかかるのは清掃なんです。。

大変なんですが清掃を中途半端にするとまた漏れます。。。


タペットカバーからは漏れてないので、次はエンジンリヤ廻り。

ブリーザーカバーとカムホールカバーの交換。


続いてトランスミッションのオイルパンパッキンとストレーナーを交換していきます。



ここでもしっかりと清掃します☆

パッキンのズレがないよう組み付けます、しっかり見て組み付けても脱脂不足だと後々パッキンがズレてしまいオイル漏れで再修理になるので要注意。


次は、ハンドル操作時にキューキューと異音がするので診断していくとロアアームのボールジョイントが悪さしてます。


ボールジョイントのみは部品供給ないのでロアアームごと交換します。


続きまして、メーター内インフォメーションディスプレイに表示される ウォッシャー液不足 を診断。



ホースが破損しそこからウォッシャー液が漏れてます。

ホースを交換し完了☆


まだまだ整備したい箇所はあるのですが予算とのバランスで今回の修理箇所を優先でやらせて頂きました。

社外品も品質に差がありますので安さを最優先していると返って修理代がかかるケースもあります。

お客様一人一人、車に対しての思い入れが違うので、grabではお客様と話合い品質を優先するか値段を優先するか決めています。


お車でお悩みの方は是非一度、お問い合わせ下さい☆