LAND ROVER ランドローバー DISCOVERY ディスカバリー 4 点検 整備 grab cars

最終更新: 2019年2月9日


おはようございます、グラブカーズです。

今回はLAND ROVER DISCOVERY 4 の点検 整備の内容をアップします☆

まず診断機にて健康診断


診断したところシステムにも車体にも問題ないので消耗品の交換をしていきます‼︎

まずはエンジンオイル、オイルエレメントの交換です☆

ディスカバリーにはフィラーキャップを外したところにオイル吸い出し用のパイプがあります。


ですが、今回は点検の為アンダーカバーを外してるのでドレンを外し下抜きします。

ドレンはパッキン付なのでワッシャーはありません。

オイルエレメントはエンジン上部にありフィルターレンチ サイズは89の15角



オイル量は7.6ℓ

オイル量のチェックですがメーター内で確認します。。。

リョウフカ、リョウフカ、、、リョウフカ


油温90℃、エンジン停止約3分の状態でリョウフカ、そこから走ってみたりいろいろしてみたところ判明☆

エンジン停止、IG offにて10分放置‼︎

放置後、IG on ☆


これが一番時間かかりました💦

続いてブレーキフルード交換


あとフロントワイパー交換


最後にサービスリセットをし完了です☆


今回は診断機にてリセットしたのでこのやり方はしてないのですが、手動でも可能みたいです‼︎

確認はしてないので確証はありませんが参考に〜☆

キーレスのバッテリーは


CR2032でした☆