メルセデスベンツ S205 C200 エンジンチェックランプ点灯 ECM プログラミング 更新  グラブカーズ


おはようございます、グラブカーズです‼︎

今回は、メルセデスベンツ S205 C200 エンジンチェックランプ点灯にて入庫です。


とりあえずテスターチェック‼︎


NOXセンサーのエラーが入ってます。

ライブデータでも数値が高く、センサー自体も起動しない状態です。

配線等に問題がないのでセンサーを交換しECMのプログラミングを更新する事に。


にしても純正センサー高っ‼︎

なので今回はリスクを説明し保証付きの社外品を選択。

センサーを交換しECMのプログラミング更新します。






プログラミング中はメーターがお祭り騒ぎになります。


完了☆

各装置の動作チェックをしプログラミングによる故障コードを消してピットから出ようとした時です。。ハンドル重っ‼︎‼︎

パワステ効いてないやん、、、、。

パワステユニットの故障コード入力無し、ライブデータの舵角、トルク、電圧、問題無し。 んーーーーー、なんだろ?

SCN⁇ バスアイドル⁇

とりあえず出来ることを考えいろいろと試行錯誤。


ECMでは思い当たる出来る事やりきったので、パワステもプログラミング更新する事に‼︎

完了後、エンジン始動。

ドキドキのハンドル操作、サクッ☆ サクサク動きます☆

プログラミング作業は全て自己責任なのでホッと一安心。

その後、試乗しNOXの状態を確認します。


いけてますね☆

作業完了です。


プログラミング作業をされてドキドキしてる方の参考になれば幸いです。



ご入庫ありがとうございました♪