ベンツ CLS 218 220d ディーゼルエンジン点検、整備 grab cars

更新日:2019年2月9日



こんばんわ、グラブカーズですー☆

今回はメルセデスベンツ CLS(218) 220d ディーゼルエンジン車の点検、整備をさせて頂きました。

最初にエンジンをかけた時は正直、ディーゼルエンジンとは感じませんでしたね‼︎

工場に戻り屋内に入るとアレっ⁇と。。。

そのエンジンがこちら


最近のディーゼルエンジンにセットなのがアドブルーですが、そのタンクはラゲッジスペース下部にあります。


ヘッドライトですが、点灯始めに3つ並んだLEDが順番に点灯します。

カッコいいですね☆

前後のブレーキパッドが少ないので交換します。


エンジンオイル、オイルエレメントの交換

アンダーカバーを外すとエンジン下部にエレメントがあります。


締め付けは25.5Nm しっかりトルクレンチでトルク管理します。


エンジンオイルはWAKOS 4CT-S 5w-40

ACEAの基準をクリアしてるオイルまだまだ少ないので値段が割高です。。。

2400円/ℓ 今回はオイルとオイルエレメント交換で7.3ℓでした。


バッテリーをチェック‼︎

メインはエンジンルーム左後部に、サブはアドブルータンクの右隣にあります、数値は上々☆




最後にサービスインターバルをリセットさせます。


ありがとうございましたー☆